暗号資産業界に特化した公認会計士集団
株式会社トゥーキューブス

株式会社トゥーキューブスは公認会計士3名によって設立された
暗号資産分野に特化したコンサルティングファームです。

■柚木庸輔(ゆのき ようすけ) 公認会計士 税理士
早稲田大学卒業後、2004年より有限責任監査法人トーマツにて会計監査業務に従事。
外資系会計事務所、外資系コンサルティング会社、大手総合商社及び大手自動車会社を経て、株式会社YUNOKI ACCOUNTING PARTNERSを創業、代表取締役に就任。IPOコンサルティング、IFRSコンサルティングに特化。
また、日本暗号資産取引業協会(JVCEA)立ち上げ時から関与。日本暗号資産取引業協会(JVCEA)では、主に、新規暗号資産上場対応、新規交換業社審査対応、交換業社からの相談業務及び交換業社の会計処理・財務健全性指数の策定に従事。新規暗号資産の確認業務では、審査項目の作成、金融庁との交渉、各通貨の確認業務等を実施し、2018年10月以降日本に新規上場した新規暗号資産の確認業務に関与。その後事務業者向けwallet開発会社Fressets株式会社のCEOを務め、2021年3月に会社のM&Aを成功させたのち退任。

山田智(おやまだ さとし) 公認会計士
東京大学在学中に公認会計士試験に合格。大学在学中に公認会計士試験に合格し、2013年より監査法人アヴァンティアにて会計監査業務に従事。
また、監査法人勤務の傍ら、大学時代に培った統計学および金融工学の知見を活かしてストックオプション等の複雑な金融商品の価値評価業務に特化した株式会社opLaboを2018年に創業し、上場企業・非上場企業に対し価値評価業務を提供している。
暗号資産領域においては、Huobiグループが日本に有する取引所であるフォビジャパン株式会社にて財務経理部長を経験したほか、個人事務所で複数の交換業者に対し内部統制コンサルティング業務を実施。

■横内篤(よこうち あつし) 公認会計士
明治大学卒業後、公認会計士試験に合格。2016年より監査法人アヴァンティアにて会計監査業務に従事。自己研鑽の一環で暗号資産の会計処理を研究したことを契機に暗号資産に関心を持ち、暗号資産交換業者の決算支援業務を経験。
2020年に横内公認会計士事務所を開業。主に上場企業の決算支援を中心に活動している。